住職のブログ

ニセモノとホンモノ

2021/01/31 19:42
皆さまこんばんは🌆
この週末、街中は何も変わらず賑やかでした。レストランの駐車場、回転寿司屋さんも駐車場は
満車状態でした。一体、この緊急事態宣言って何なのでしょうか❓
確かにニュースでは東京の新規感染者は600人台まで減りましたが人の出は変わらない。
こんな状態でワクチン供給まで続くのだろうか⁉️

一体この感染症の着陸地点はどこなのだろうか、考えさせられます。

人間って自身の身に降りかからなくては本気になれないのかな。
油断は禁物ですよ🤗

さて、かのギリシャの哲人アリストテレスは「人は動物の中で言葉を有する唯一のもの」と言われました。
人間は言葉無しでは生きてはいけません。そこに感情がセットになっています。
「嘘も方便」などと言葉を都合よく使おうとすることもありますよね。
巧みに人を騙し、人を利用し人を惹きつけようともします。
欲というものによりあらゆる言葉が心の隙をついてしまう。
オレオレ詐欺もその類だし、二月はいつの間にか恵方巻きと節分に利用されていますね。
二十一世紀の今、未だに企業の巧みなワザに騙される人はやはりいます😁

さすがに節分の豆まきは、「鬼は👹外、福は内」が「福は内」だけになってきました。

そもそも欲の目で仏さまを見ると鬼に👹見えてしまうらしいよ。
つまりはしあわせをいつも願って生きているのに、我が家にいる仏さまを豆をぶつけて外に追い出していた
んだから〜🤣🤣🤣
そりゃあ幸せになんかなれないよ😁

恵方巻きの行事もハロウィン🎃と同じようなもの。

このようになかなか人間はホンモノを見極めることができないのですね。
ではどうしてニセモノに騙されるのか。

簡単に言えば、ホンモノを知らないからですよ😁
ニセモノしか知らないと騙されてしまうのです。
だから宗教や仏教に騙される人は後を立たないのですね。
騙されたく無い人はホンモノを知り、親しんでいくしかないのです。

昨今は公の教育機関では宗教や仏教を学ぶことがなくなり、その結果、無宗教の人や
若いときには特に親しむ機会すら持てずになりがちなのです。
宗教は人生の一部分ではなく、人生そのものに関わる根本の問題ですから、ニセモノしか知らなければ
一生を台無しにしてしまうのです😭

ここで、仏教においてニセモノとホンモノについてご紹介します。
⭕️ホンモノとは、「我」というものが微塵もいらない。「我」が混ざると偽(ニセモノ)、仮(マゼモノ)になります。
❌偽の宗教の「我」は、私利私欲で自分さえ良ければ良いという自己中心の欲望の虜になった私です。
おかげさまとお念仏を申しながら自分の思い通りにならないと仏壇の向きが悪いとか、死霊が祟っているとかいう。
またSNSなどを見ているとお念仏が呪文や免罪符みたくなっている人も見られます。
ニセモノは「恐怖心」の解消ができません。
⭕️ホンモノの宗教に遇えば、祟らないのではなく、祟って当然の私を知らせていただき、祟って祟って祟り抜く煩悩具足の
この私を見捨てないぞ❣️という阿弥陀さまに遇っているのです🤗

⭕️助ける《名号》以外に私の助かる《信心の》道はありません。
聞くより、信じるより先のお助けの法をホンモノと言います🤗

お念仏の中に生き、お念仏の中に死んでいくことが本当の私のしあわせとなります。
言葉は南無阿弥陀仏と声にするためにこそ必要なものです。
決して愚痴や悪口を言うために私たち人間は言葉を持っているんじゃないのですね。

◎私のしあわせのみを願っておられる阿弥陀さま、その願いを聞く私になりましょうよ🤗
それが一番大事な言葉なのだから。
いつもあなたと一緒だよ〜🤗
 

人世間に生まれてより、口中に大斧あり

2021/01/30 21:50
今日は私を戒める内容をご紹介します。
ブログというものはなかなか難しいですね。
改めて自身の文章力の無さを痛感していますがお許しいただいている
ようで感謝します。

今日の言葉は、『仏教名言ノート』辻本敬順師著〈本願寺出版社〉を読んでいて
ふと思ったことを師の言葉としてご一緒に味あわせていただきましょう。

「口は災いの元」ということわざがあります。
うっかり吐いた言葉が、災難の原因になることがあるから、言葉は慎むべきである、という意味です。
《口は是れ禍の門 舌は是れ👅身を斬るの刀🥷》(舌詩)〈中国 馮道(ひょうどう)〉

不用意な言葉が相手を傷つけたり怒らせたりして、事件に発展することも少なくない。
ちょっとした言葉の行き違いから、人間関係にヒビが入ることもあります😭
〈私は昨年末にそれをやり友人を失い😭人間関係も危うくなりました。〉

仏教には十悪(じゅうあく)
◉殺生(命を奪うこと)、盗む、邪淫(不倫)、【身の悪】

◉貪欲(むさぼり)、瞋恚(しんに)、愚痴、【心の悪】

口の悪以外です。
◉妄語(ウソをつく)、綺語(うわべを楽しく巧みに飾った言葉)、両舌(二枚舌)、悪口(汚いののしり)【言葉の悪】

『正法念処経(しょうぼうねんしょきょう)』は、
【人間間に生まれてより、口中に大斧あり、以てもし自他をきれば口中に悪語出ず(いず)】
と説きます。
⭕️「人間は生まれながらにして、口の中に大きな斧を🪓持っている。その斧で🪓他人を切るならば、それは悪口となる」
という意味です。

知らず知らずのうちに「他人」を傷つけている。
恐ろしいことですね。

もっと恐ろしいのは、私自身は被害者であるというくらいの認識しか持てないこと。
そして【加害者】だとは気づけないことなのです。

他人が悪い👎と責める心が地獄👹《自業苦》だというのに。
 

《誰かに届けたい言葉》

2021/01/29 22:17
【夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし
計画なき者は実行なし 実行なき者は成果なし 成果なき者は幸福なし
ゆえに幸福を求むる者は 夢なかるべからず】[渋沢栄一]


【人間に生まれた幸せ】

『宝の山に入りて 手を空しくして帰ることなかれ』(源信和尚)【往生要集】

ここで言われる宝とは【お念仏】つまりは南無阿弥陀仏です。
怠け心を起こしてお念仏を聞こうともせず背を向けて生きること、、、。
人間に生まれることは大変難しいのです。
にもかかわらず喜びもせず不足ばかり言っていませんか❓
挙げ句の果てに犬🐕に生まれたかったなどと言う若者のSNSを見るとガッカリします。
迷いの命の唯一の出口である人間に生まれたていうのに出口から出ようとしない。
《安らかになりたい》、《幸せになりたい》というのに出口から出ようとせずに苦の世界に
留まろうとしているのだ。
私を必ずしあわせにする❣️と願いをかけておられるのに逆の願いを祈ろうとする人間の愚かさ。

【往生要集】では、人間に生まれてお念仏を聞く機会を持たない限り他の世界では【お浄土】に
生まれるチャンスはないと力説しています。

死が近づく時にそれに気づいても遅いかも知れない。
《それでも気づかない人がいやはやたくさんいる》

いち早く気づいてくれよ‼️の願いが込められてある言葉と受け止めたいですね。

 

仏の親心を知ろうよ

2021/01/29 12:48
皆さまこんにちは😃春に向け寒暖を繰り返しています🙏
一喜一憂せずに春の陽気のためにも辛抱したいものですね。
春になればワクチン接種も始まり少しは安心できるのかも知れません。
それまでは不要不急な外出も控えて自分や周りが感染しないよう努めましょう🤗

さて今日は、本願寺第8代宗主 蓮如上人の『ご文章』【無常甚深章】の冒頭部分を
ご紹介します。

《それ 南無阿弥陀仏ともうす文字(もんじ)は、そのかずわずかに六字なれば。
さのみ功能(くのう)のあるべきともおぼえざるに、この六字の名号のうちには。
無上甚深(むじょうじんじん)の功徳利益(りやく)の広大なること、さらにその
きわまりなきものなり。されば 信心をとるというも、この六字のうちにこもれり
としるべし。さらに別に信心とて、六字のほかにはあるべからざるものなり。》

とあります。信心=南無阿弥陀仏。
南無阿弥陀仏は他力の信心。

お念仏をひとえに信じることを勧めておられます。
私たちのように苦悩や怒り、腹立ち、争い、妬みから離れられない
煩悩具足の凡夫(死ぬまで欲望が尽きない)は、ただ称名念仏あるのみ
とおっしゃっています。

だからといってお念仏に力を入れていく必要はありません。
阿弥陀さまの前に身を置くことができているならば、私もすでに阿弥陀仏の
摂取の中にあり、阿弥陀の慈悲の光は私たちを照らしているのです。

《大悲無倦常照我》(だいひむけんじょうしょうが)

逆らわず素直に受け止めていくだけです。
そうできたら私の愚痴の口が〈南無阿弥陀仏〉と声となって動いてくださいます。

英語では、❌HELP ME BUDDA⭕️THANK YOU BUDDA

私に祈ることなど望んでいるおられません。

ただ、そのまま まかせよ❣️とはたらく仏さまです。

私らしく生きてくれよ、と。
 

当たり前なんか無い

2021/01/28 20:40
皆さまこんばんは🌇今日は寒い一日でしたね。雪も舞っていました。
今月の安穏法話会は「緊急事態宣言」のおかげでひっそり静かに過ごしました。
そしてやるべきことを精一杯させていただきました。
相変わらず新型コロナウィルス新規感染者が1,000人を超え、重症者も死者も、、、。
人間の《慣れ》とは恐ろしい。
ふじみ野市のPCRセンターの院長さんがついに感染されました。
命をかけて現場で奮闘されておられる方々を思えばこそ私たちは感染しないように
不用不急な外出は極力控えねばならない😭

その中で、宇宙で頑張る方のニュースをみていて感じたことをご紹介します🤓

無限なる宇宙に浮かぶ地球🌏
多くの命を育む地球🌏
この美しい地球上に人間として命を賜り、「苦悩、争い、愚痴」の日々を過ごしています。
思い通りにはならないと知っているのに、自分だけは思い通りにしようと生きています。
今日とも明日とも知れない我が命と知らされてありながらも、今日も明日も普通にあると
生きています。

どんなに過去を悔やみ振り返ってみても戻れやしないのに。
たら、ればなんて意味ない😭二度とやり直しはできません。
この一瞬、一瞬はこの命が終わっていく時間であります。
それなのに「何のために生きているのか⁉️」「死んだらどうなるか⁉️」も知らずに生きている。

その中であらゆる命が私に教えてくれている。早く気づいてくれ‼️まかせてくれ‼️と。
せっかく人間に生まれてきたのに今を疎かにしてはいないだろうか。
少しでも悔いが残らない「今を」生きているのか。
私はなぜ実家の寺を継がずに出たんだろうか⁉️
もう何百回、何千回と自問自答してきた。
こんなしんどい思いをしてる何をしようとしているんだろう。

私の歩む道は、どこへ私を誘うのだろうか❓

悔いても悩んでみても、今の私が私なんだから🤗

見るもの、会うもの、触れるもの、すべては当たり前ではない。
必然の中にあるすべてのものを勿体ない、有り難いと拝んで生きてみよう🤓

きっと、大きな意味を持っていたとわかるはずだ。

《心配するな、なるようになる》(一休禅師)
 

おまかせの生活

2021/01/28 01:18
『道(どう)は人によって弘まり、人は道によって弘まる。
道心の中に衣食(えじき)あり、衣食の中に道心なし。』[最澄師遺訓](光定「伝述一心戒文」より)


⭕️真宗に通じる言葉

比叡山を開かれた伝教大師最澄(七六七〜八二二)師の遺訓です。
若き親鸞聖人も比叡山でご勉学なされておりますので、最澄師の影響が多分に
見受けられます。
たとえば「愚禿」と名告られた出拠も、最澄師の『願文』に見出されます。
【愚が中の極愚、狂が中の極狂、塵禿有情、底下の最澄】と語られます。

その最澄師のお言葉を、弟子の光定〈こうじょう〉(七七九〜八五八)が記した
『伝述一心戒文』三巻があります。
弟子が記載したという点では、『歎異抄』と同じ性質の書です。
ここに「先師云く」として、「道は人によって弘まり、人は道によって弘まる。道心の中に衣食あり、
衣食の中に道心なし」があります。
「先師」とは最澄師のことです。

その師が、【仏道は人間によって弘められます。しかし、人間は仏道によってこそ弘められるのです。
だから、仏道を求める心の中にこそ生活があって、生活を求める心からは求道心は生まれてこないことに
注意しなければなりません】という意味で、この言葉を語ってくださいます。

⭕️【求道者の歩む道】
これは仏道を歩む者にとって心しなかればならない言葉だと思い、私の座右の銘にしています。
仏道の中に自己を全て投げ入れた時、自然と求道者としての道を歩むことができるのです。
そのような生活をすれば「道は人によって弘まり、人は道によって弘まる」と語っておられるのです。

もし「衣•食」など生活全般を優先させたならば求道心は無くなります。
しかし仏道を求める心を最優先に考えれば、自然と生活はその中に見出されるに違いありません。

現実的には大変難しいことですが、真宗のご門徒の方々が「おまかせ」という言葉を口にされます。
阿弥陀如来さまにすべておまかせするという、この「おまかせ」こそが、【道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし】という意味
だと私は味わっています。
そのような生活ができた時、自然とお念仏という「道」は「人」に弘まっていくでしょう。

◎淺田恵真師『諸行無常のまっただ中で』《本願寺出版社》より。

🟣尊敬する淺田和上のお取り継ぎをご紹介させていただきました。
何度も何度も読んで味わいを深めてほしいと願っています🙏

ゴキブリも輝いている

2021/01/27 18:42
皆さまこんばんは🌇今日は昼間は温かな陽気でしたね。
しかしながら夕方からはまた冷えてきました。寒暖の差で
体調を崩さないようにご自愛ください。
また明日からは寒波到来で厳しい週末になるそうですから雪の☃️地域は
事故などには充分お気をつけください。

さて、今日は【仏教こども新聞〜ゴキブリも輝いている】をご紹介します。
皆さまはゴキブリは好きですか🪳⁉️
大概の方は忌み嫌う存在ではないでしょうか😁
わたしはゴキブリさんはゲンゴロウと同じ感覚でフレンドリーな感じです。
しかし、以前オーストラリア🇦🇺ゴールドコースト🦘で見たゴキブリ🪳は半端ない
大きさでさすがに好意は持てず、震えましたよ。
何せサイズが半端ない😭わらじサイズ、、、。きゃー❣️

それはさておき、
《小学生の頃、ゴキブリ嫌いの私はゴキブリ退治団というグループを作りました。
年下の子どもたちが私の命令に従い、ゴキブリを退治します。「害虫を退治することは
素晴らしい」得意になっていた矢先、母親にこっぴどく叱られ、トイレに🚽閉じ込められました。
暗闇の中で考えます。「生き物を退治したのが悪かったのか」「ゴキブリを退治したのが悪かったのか」
「退治させたのが悪かったのか」「退治の仕方が悪かったのか」
私たち人間は、ゴキブリ🪳を気持ち悪い、役に立たない虫だと考えます。
だから殺しても当たり前になってしまいます。
でも、殺してもよい命など、一つもありません。
すべてのいのちは、かけがえのない尊いいのちです。
だから、無駄にいのちを奪うことは、本当は恥ずかしいことなのです。
母はそのことを教えてくれたのかもしれません。[むらかみ けん]

いかがでしたか。命は皆繋がっています‼️
自分中心に物事を考え、自分のさじ加減で周りを見ていくとすべて我が身に
回り巡って返ってくるのです。私が知らないだけで何かの役には立っているのです。
そのような物の見方を止めるだけで見える世界は変わります😸

⭕️お互いを責めあうことをやめて、優しい言葉をかける『言辞施(ごんじせ)』という
言葉の布施です。言い争いをしてもお互い嫌な気持ちになるだけです。
優しい言葉をかけでみよう❣️しあわせな気分になれますよ🤗

⭕️思いやりの心を《言葉》にして伝えることで相手の不安を取り除いて前向きになれる力を
与えることができるのです❣️これを『愛語施(あいごせ)』と言います。

縁があればこそ出会う様々な命との出会いです😸
嫌でも阻害したり仲間外れにしたりしないように心がけたいですね🤗

ウシの不平〈ジャータカ物語〉

2021/01/26 00:46
夜分に失礼します。今年は丑年🐮で昔懐かしい赤べこが売れているそうですね
皆さんは牛のイメージはどのように感じていますか❓
牛にもたくさん種類がありますが乳牛の話しになるでしょうか。
昔、昔のお話をご紹介します🙏色々考えさせられますよ。

〈ウシの不平〉
むかしむかし、ブラフマダッタ王がベナレスの都で国をおさめていたころのことです。
ボーディサッタが、ある小さな村の地主の家の牝牛の子供に生まれかわり、「大赤〈マハーローヒタ〉」
と、よばれていました。このウシには、「小赤〈チュルラローヒタ〉」という名の弟がいました。
地主の家の車を引く仕事は、ぜんぶ、このニひきのきょうだいウシのおかげでつごうよくいっていました。
地主の家には、むすめが一人いました。そのむすめは町の相当な家から、息子のお嫁さんに望まれていました。
それで親たちは、むすめの結婚式の日には、お客さま方に、特別美味しいご馳走をしようと思って
ムニカというブタ🐷に乳粥をやって太らせていました。

それを見た「小赤」が兄に言いました。
「兄さん、この家の車をひっぱる仕事は全部、兄さんと僕のおかげで都合よくいっているんだよ。
それなのに、僕たちがもらう食べ物といったら、草とワラだけじゃないか。それだのにあのブタ🐖は乳粥なんか食べ
させてもらって太っているよ。どういうわけで、あいつだけが、あんなご馳走をもらえるんだろう」
すると兄ウシは言いました。
《小赤や、ブタ🐽をうらやむもんじゃない。あのブタは、死ぬためにご馳走を食べているのだから。
この家の人たちがあのブタを太らせているのは、娘の結婚式にくるお客さんたちの、ご馳走にするためなのだよ。
見ていてごらん。もう四、五日もすると、連中がやってくる。そうすればブタは足をつかまえられて、小屋から引き出され、
殺されて煮込み料理にされてしまうんだよ。》
こう言って、兄ウシはもう一度その言葉を詩の形で繰り返しました。

【死のご馳走を食べている。
あわれなムニカをうらやむな。
お前はそまつなもみがらを食べて満足するがよい。
それで長生きできるのさ】

その後まもなく、お客さんたちがやってきました。
そしてブタのムニカは殺されて、さまざまなご馳走に料理されてしまいました。
ウシの姿をしたボーディサッタは、「小赤」に言いました。
「小赤や、ムニカを見たかね❓」
「見たよ、兄さん。ムニカが散々ご馳走を食べたあげく、どんな目にあったかよくわかった。
僕たちの食べ物は草やワラや、もみ殻なんかばかりだけれど、それでもあんなご馳走より百倍も、
いや千倍もいいねえ。なぜって、これさえ食べていれば安全で長生きのもとだからね。」

このようなお話です。
さて、この話は何をわたしに問いかけているのでしょうか。
きっと今でいえば、会食する、不要不急の外出をする、マスクをせずに会話をする、人がたくさん集まる
パチンコ屋へ行く、、、。
〈嘘をつく、自分の都合で生き物のいのちを奪う(殺す)、盗む、不倫をする、飲酒をする〉
これは地獄行きの種となります。
仏教では《因果応報》と言います🙏

どうやって生きていけばよいのかを考えさせられるそんなお話だと思います。
丑年🐮を考えながらご紹介させていただきました。合掌念仏

人間は希望がなければ生きれません

2021/01/25 17:34
皆さんこんばんは🌆新型コロナウィルス新規感染者は若干減りましたが油断はなりません。
無症状で自宅療養🏠して亡くなる方や重症化は増えていますから。
悲しいかな、人間はすぐに楽観し楽な方に動く習性があります。
変異種も確実に増えていますからまさに「命を守る行動」をお願いします🙏

昨今、無宗教者が増えて久しいですが、私は警鐘を鳴らしています🙏
人間は危うい生き方をします。その場凌ぎで生きようとする危険を持つのです。
だからこそ阿弥陀如来の願い〈本願〉が立てられたのです。
放っておいていいような生き方ができません。
いくら仏法を聞くことができても自分よがりな受け止め方に埋没して苦悩から逃れられずにいます。
「化土〈仮の浄土へ生まれる〉往生少なからず、、、」と言われています。

仏縁をいただいても安穏な生き方ができないのに無宗教の方が安心して生きていけるはずありません。
❌人間の知恵では、死んだらおしまい❗️死んでどこへ行くかわかりません。
だから〈ご冥福をお祈りします〉としか言えないのですね。
命の先には不安と恐怖と暗黒、闇の世界しかありません。

皆さん、考えてください。生きている人はいつか必ず死にます。
死んでどこへ行く❓地獄⁈天国⁈自信持って言えますか⁉️

このような生き方をしている方は残念ながら阿弥陀如来を仰ぐ他には安心することはできません。
⭕️浄土真宗では、阿弥陀如来の願いを素直に聞いて阿弥陀如来の慈悲により救われるのです。
【我が名〈南無阿弥陀仏〉を称えて我が国に生まれてこい】と、浄土を建立し、わたしに称えられる
ナンマンダブツとなられました。
【死は迷いのおしまい❣️死は浄土に生まれて仏になるご縁】
❌頭で理解してもダメです👎

⭕️ナンマンダブツが我が身にいただいている人でなければ思うことはできません。
いただく近道は、仏法を聞くことです。ナンマンダブツが有り難く宝物と思えるまで聞きましょう‼️‼️‼️

人間は希望の明日が無ければ生きていけません。安らかな明日が無ければ安心して死んでいくこともできないのです。
《現代は、色んな意味で生きることが楽な時代。そんな楽な時代は、死ぬ直前まで死を忘れています。しかし、死に直面したら狼狽(ろうばい)する。》

🟣元気な時に、死ぬことが約束されている自分の身命を見つめ、「浄土に生まれ仏になる」ことを聞くことです。
死を受容できない人の人生は不幸ですよ。
 

おまかせする。まかせきる

2021/01/24 17:37
こんばんは🌇寒い一日でした。雪にはならなかったですね。
雪で大変な地域の方にはお見舞い申し上げます。

さて、昨夜はiPhone📱を見失い大騒ぎしてかなり疲れました。
近頃は物忘れも徐々に増えてきました。老化です💦
老いるショックは一生続きます🤯

詩をご紹介します。
「生」
ものをとりに室に入ってきて、何を取りにきたか忘れてもどることがある。
もどる途中で、はたと思い出すことがあるが、その時はすばらしい。
体が先にこの世の中に出てきてしまったのである。その用事はなんであったのか。
いつの日か、思いあたることのある人は幸福である。
思い出せぬまま、ぼくはすごすごとあの世へもどる。〈杉山平一〉詩人

色々考えさせられますね。

私たちが日々生きる中に身近にしています【南無阿弥陀仏】は、【仏にまかせなさい】という意味ですが、
ついつい自分を優先させてしまい苦悩の内に陥ります。
【南無】は、【帰命】
【帰】は、[まかす][まかせる]という意味です。
【命】は、自分の意志や気持ちを声で相手に伝えるという意味です。

〈命令〉の命の意味で[いのち]と読むのは間違いです。
⭕️【帰命】を【帰せよの命】と読み、【まかせなさい】の意とすると、【南無阿弥陀仏】は【阿弥陀仏にまかせなさい】という
意味になり、阿弥陀仏のはたらきです。

⭕️【帰命】を【命に帰す】と読み、《おまかせします》🙏
南無阿弥陀仏は、「阿弥陀仏におまかせします」という称える人の信心をあらわすことになります🙏

言葉は正しく使いましょう

2021/01/23 15:46
皆さんこんにちは。寒くなりましたね。
入間市は雪にはなっていませんが冷たい雨が☂️
久しぶりに降ったので草木は喜んでいることでしょうね。
決して自分が嫌だから皆んなも嫌なんだみたいには思わないようにしたいですね。

全てには「意味」があるのだから。
私自身ではそれを見出せなかったからと言ってそのまま判断しないように
したいものです。
人間は「間違う」生き方をするもの。
正しいと思っても、後から考えあら何と愚かな判断だったか、と思うことはあります。

とかく上の立場や親の立場だと恥ずかしくて言えないとか、そんなこと言わなくても
わかっていてくれているから大丈夫だなんて思うのかもしれないけど、やはりそこは言った方が
いいに決まっています。
部下も子供も、貴方の言葉を大切に思っているのだから。
素直に認められると嬉しいのであります。

私はそうでした😁
人生の岐路に立った時に、私が親から何を求められているのかを即座に感じ取りました🤓
今を期待しているか、もしくは未来を期待し託していきたい‼️か。
後者だったらどんな困難なことであってもガムシャラに頑張れたけどね。
モチベーションが上がらないような言葉では生きている意味すら見失うから。
誰よりも大切な人からの言葉はそれだけ重要な意味を持っているのです❗️

今現在、この判断が良かったかどうかはわからない。
ま、何とかやれているから良かったのかもしれないけど。

《わかっているはず》は辞めましょう❗️

きっと後悔するから。
評価は人がするものだから気にしても仕方がない。
担当の感情で人生を左右されます。それも人生か。
だからといって媚びてもしょうがない🤣

他人にそれを求めるなら、それこそ私自身が【伝わる言葉】を大切にしたいと思う。
言えば伝わるものじゃない。
本当は🆘を出しているのに受け取ってもらえない、、、😭
人間には限界があるのです。

🆘を自らの悲しみ、苦しみ、我がことと受け止めてくれるのは、
他ならぬ【阿弥陀如来】だけであります。

辛くても今できる南無阿弥陀仏《ナモアミダブツ》をお称えしながら生きていくこと。
これが一番間違いのない生き方になるはずです。
なぜなら、この私のために仕上げられた仏のはたらきなのですから🙏

大切な人の人生の岐路においては、じっくり言葉を選んで真意を確かめてあげましょう。
そんな立場の方にそう願っています。

ハチミツ二郎さん

2021/01/22 14:01
皆さんこんにちは😃
朝から私の大好きな東京ダイナマイト🧨のハチミツ二郎さんが
新型コロナウィルス感染して一時重症化され8日間も記憶がなかった
そうです。2年前には心不全、肺炎で入院した経験もあり、主治医さんからは
「新型コロナウィルスに感染したら必ず重症化するから」と言われていた。

私自身も持病がありますので感染すれば同じように重症化するはずです。
ましてや、ハチミツ二郎さんは感染ルートがわからないそう。
気をつけていても感染するのですよ。

❌気をつけない人はより感染リスクげ増すのです。
若いから大丈夫🙆‍♂️ではなくて、自分が感染したら周りの大人や家族を重症化
させて苦しめてしまう❗️と言う危機感を持ってください。

ハチミツ二郎さんは、自分で体温計でチェックし、酸素飽和度チェックもして
自ら救急車🚑を呼び搬送されたとのことです。
つまりは自分自身の管理がきちんとできた上、受け入れ先が決まったこと。
多くの方は何時間も受け入れ先が決まらず、、、急変したり、自宅待機、療養を
余儀なくされたりしているのです。それが自分かもしれません。
嫌でしょう⁉️だったらするべき行動は学ぶべきですよ。

感染したら、入院、治療、リハビリを含めて陰性になるまで約一ヶ月も社会復帰
することはできないようです。仕事をしている私も大変な事態です❗️
重症化してエクモを装着するほどになれば社会復帰は約半年はかかるそうだ。
安易に夜の街に繰り出したり、不急不要の外出することによって取り返しのつかない
事態を経験してはなりません。多くの方々にご迷惑をおかけしてしまいます。

その上、長きにわたり「後遺症」に悩まされなくてはならなくなるのだから。
今の生活を続けていきたいのならば、今回のハチミツ二郎さんが体験したような
ことにならないようお互いに努めたいですね。

ハチミツ二郎さん‼️おかえりなさい❣️
また素敵な漫才を見せてくださいね。
お見舞い申し上げます。合掌念仏🙏

 

馬じゃげな

2021/01/21 15:32
とんちで有名な一休さんは禅宗のお坊さんでした。
あの蓮如上人とは大親友でありました。時期としましては公式に親鸞聖人200回大遠忌へ
参拝し、焼香をされたとあります。寛政二年十一月のことです。
一休さんはその際に和歌を詠まれて呈上されました。有名な和歌ですので知っている方もいらっしゃるかな。

【末世相応の心を、襟巻のあたたかそうな黒坊主、こいつが法は天下一なり】(一休)

《馬🐴じゃげな》
京都に馬好きな丑年生まれの金満家がいました。
画家に立派な馬の絵を描かせましたが、賛が欲しいので一休さんに依頼されました。
一休さんは筆を取り「馬じゃげな」と書いたそうです。「馬だそうな」の意味です。

「これほど立派な馬が豚や🐷狸に見えますか⁉️それを「馬じゃげな」とは、どういう了見ですか⁉️
立派な高価な絵を台無しにして。金満家は大層悔しがったが後の祭りです。
金満家は悩んだ末に今度は蓮如上人を訪ねました。

「蓮如さま、一休さんに大変なことを書かれました。何とか、この絵を生かす賛を加えてもらえないでしょうか」と頼みました。
そこで蓮如さまは筆を取られ「そうじゃげな」と並べて書かれたそうです。

どんなに、まことらしく見えても絵は絵であって、本物の馬ではない。
だから、「馬じゃげな」なのです😁

「ただじゃそうな」と喜ぶ「ただ」は、親鸞聖人が、「ただ念仏して」とおっしゃった「ただ」とは全く違うのです。

「ただ念仏を称えれば救われる」と思って聞き始めますが、聞法(法話を聞く)を重ねていくと、「ただ」とは、「ただ」が「唯一」であったと知らされます🤗

⭕️ただで救われるなら大無量寿経に【いおうにむにん】《弥陀の浄土には往きやすいけれども往っている人が少ない》と言われるわけがない。⭕️阿弥陀さまの本願力によるからこそ浄土に往生することは容易であるが、自力の心を捨てて真実信心を得る人は
稀であるという意味です。

【ただ(唯一)念仏🙏して】のお救いであります。

いただいたのに、我が口がナモアミダブツと動き、声に称えられない人は、まだまだ自力が強いと思われます。

すみません、、、が口癖は危険

2021/01/20 23:52
皆さまこんばんは🌆大寒の今日、昼間は結構暖かく感じましたね🤗
しかしながら私は何かムズムズ、、、。
そう気のせいではなかった。花粉がもう襲来していたのです。
今年は20〜50%は多く飛ぶらしいです😭
新型コロナやインフルエンザだけでなく花粉症までもが。
これはたまらないよ、マスクは必需品ですぞ。

さて、今日は「人から舐められない」ためには❗️です。
私の口癖は、何でも《すみません》
これは一見良さそうですが、実は周りからは舐められる要因となる危険性がある。
ネットを見てもやはり「ごめん」とか「すみません」を口癖にしている人は[イジメ]に発展する
経験をしている人が多いと聞きますよ。

全ての人から好かれたい。揉め事が嫌いな人にはよくある話です。
でも自然の法則では、やはり嫌い❗️な人がいるのは仕方がないのです。
でも、この安易な「ごめん」「すみません」を口癖にするのを辞めて、代わりに
【有難う】❣️を口癖にすると良い関係性を持つことができるそう🤗

上司から叱られたとしても、「すみません」ではなく、「ご指導を賜り有難うございました」と
言うことで全く印象が変わるそうです。

言った人も、言われた人もしあわせになれる魔法の🧙‍♂️言葉、、、。それこそ、
【有難うございます】なのです🤗‼️‼️

即実行可能です❣️
明日から始めませんか🤣

人との出会いや関わりは実に不思議なご縁ですから。
まさに【有難し】❣️【有ることが難しい】のです。

今有ることが当たり前ではなく、不思議なご縁なのだから。
そう思えたら、「すみません」から「有難う」にできるはずですよ🤗
さあ、やってみましょう。
嫌われてしまうことを恐れずに😁

きっと貴方を大切に思ってくれる[仲間]ができるはず😁

来る者拒まず、去る者は追わず❣️
こうしていけば必ず貴方らしい生き方ができるはずだよ😁
私はそう心がけていますよ🤣

孤独を恐れないで❣️❣️❣️

だって私たちは、一人で生まれ、一人で生きて、一人で死んでいくのだから。
孤独を恐れていてはダメ👎😁
必ず貴方を大切に思う人はいるのだから笑笑

法語カレンダー表紙の言葉

2021/01/20 08:44
おはようございます☀朝から半端なく寒い😨もう入間市生活も5年目になりますが、
まだまだこればかりは慣れません。
どうぞ皆さまも寒さ対策はきちんとされてお身体にはご自愛ください。

《念仏となって私の口から現れて下さるみ仏のはたらき》〈松尾野潮音師〉


甲斐和里子さんは、お念仏を喜ぶ和歌を詠まれています。
《御仏をよぶわがこゑは御仏のわれをよびます御声なりけり》

《みほとけの御名を称ふるわが声はわがこゑながら尊とかりけり》

⭕️「念仏」は、「私」の口をついて出てくる「南無阿弥陀仏」です。
❌「称える」と言いますが、「唱える」とは言いません。
🟠それはみ仏が「私」を喚び続けるはたらきです。このはたらきの動きが「名号」という。


🙆‍♂️これでも難しいと思われます方には、自分が我が親を知る機会を考えて欲しい。
全てとは言えないかもしれませんが、大概はご理解いただけると思われます。

【私たちは自分の親を《お父さん、パパ》、【お母さん、ママ】と呼びますね。
地域によっては、別の言い方もあるでしょう。
これは親の側が、赤ん坊は何もわからないのを承知の上で生まれたばかりの「いのち」に向かって
何度も何度も何度も何度も、、、、、(一説には数万回)呼び通しに呼び続けて
《私があなたのパパだよ、ママだよ‼️》とずっと呼んでいてくれたのです。
だから私が知ったのは、親の存在を知らされ、届けてもらったのです❣️

《あなたの親だから安心していいんだよ。》という意味が《パパ、ママ》の声を通して
赤ん坊に受け取らせてくださったのです。だから泣き通しの赤ん坊が👶笑うようになるんだ。
そのように聞いたことがあります。
頭で覚えたのではなく、身心を通して受け取ったものだから私たちは《親を》忘れない。

有り難いですね🤗
自己中心のあり方では気づけない大きなはたらきなのです。
親がいたのに、親のはたらきを知らずに生きてきた赤ん坊👶には理解できないのは仕方がありません。
み仏〈阿弥陀仏〉は、あらゆる命を我が子のように思い、声のはたらきとなって全てのいのちに
はたらき続けておられるのです。

南無阿弥陀仏が聞こえた方々には、既に仏の親のはたらきが届けられてあるのです。
【聞其名号(もんごみょうごう)】ともいいます。

称えて救われるのではありません。
聞こえた中に既に救われてあったと気づかされるのです。
だから、私の口から現れてくださるお念仏🙏〈南無阿弥陀仏〉は、救っていてくださる
阿弥陀仏への【感謝】のお言葉なのです。

❌救われてあることがわからないからこそ、《お祈りして、お助けください》と頼まなくてはならない私の行為と
なっていたのですね。お恥ずかしいですね。
親の願い子知らず。

この度の法語カレンダー表紙の意味はこのような意味を持っています。
大切に味わってくださいませ。合掌念仏🙏

お念仏は誰のために

2021/01/19 19:14
こんばんは🌇夜はやはり冷えますね。
全国でついに重症化が1000人を超えましたね。
誰のせいでしょうか。国が⁉️GO TOトラベルが❣️
まだワクチンも処方薬も無いのに勝手な判断で街を出歩いていた貴方⁉️
PCR検査無しですでに10万人以上が日本へ🇯🇵入国しちゃってます🤣
日本へ入国することにあまりに緩いことも要因でしょうね。
撒き散らしているのに笑顔であの人混みを出歩いていた貴方、貴方、貴方、、、。
ま、そういうことですわ。

⭕️「亡き人のため」という思いは、「私がいかに生きるか」という問いに転換される。

  『親鸞は父母(ぶも)の孝養(きょうよう)のためとて、一返にても念仏申したること、
   いまだ候はず。』(『歎異抄』第五条)

🟣親鸞聖人は、亡き父母のためと思って称える追善供養の念仏を否定された。
 それは、念仏は、私が作った善ではなく、仏さまからのよび声だからである。
 私がそのよび声に導かれながら生きることこそ、実は亡き父母のためでもあるのである。
※追善供養:人の死後、死者に縁のある生存者がその死者のために後から追って善事を行うこと。

⭕️英語では、〈HELP ME BUDDA〉ではなく、【THANK YOU BUDDA】
仏さま助けてください❗️ではなく、《有難うございます》‼️という意味です。
阿弥陀さまは、あらゆる命を【なもあみだぶつ】のよび声で救う仏さまになられました。
疑い、はねつける私を想定した上ではたらき続けておられる仏さまです。
逆らっても、逃げ続けても、どこまでも願い続け、はたらき続ける仏さまです。
それは私が気づくまで❣️降参の白旗をあげるまで❣️
地獄の底まで降りてまでもはたらき続けます。私と根比べであります😁

頼みもしないのに、、、。見返りを求めないのは、親のような願いだから。
どこどこまで行っても「煩悩」から離れられない私がいるからこそ阿弥陀如来の願いは起こされました。
🟠わたしのための念仏🙏
そう心得ましょう‼️

阿弥陀さまの誓願【歎異抄第一条】

2021/01/18 21:05
『弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんと
おもひたつこころのおこるとき、すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり。
弥陀の本願には、老少•善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要すとしるべし。
そのゆゑは、罪悪深重•煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にまします。
しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆゑに。
悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆゑにと云々。』《歎異抄第一条》

⭕️〈現代語訳〉
阿弥陀仏の誓願の不可思議なはたらきにお救いいただいて、必ず浄土に往生するのであると信じて、
念仏を称えようという思いがおこるとき、ただちに阿弥陀仏は、その光明の中に摂め取って決して捨てない
という利益をお与えくださるのです。

阿弥陀仏の本願は、老いも若きも善人も悪人もわけへだてなさいません。
ただ、その本願を聞きひらく信心がかなめと心得なければなりません。
なぜなら、深く重い罪を持ち、激しい煩悩をかかえて生きるものを救おうとして
おこされた願いだからです。

ですから、本願を信じるものには、念仏以外のどんな善もいりません。
念仏よりもすぐれた善はないからです❣️

また、どんな、悪も恐ることはありません。
阿弥陀仏の本願をさまたげるほどの悪はないからです。

【本願寺出版社 梯實圓師解説】

26年前の今日

2021/01/17 11:35
皆さまこんにちは。今日は寒くなりました。暑さ寒さを繰り返して春へ向かいます。
いくら新型コロナウィルス感染が増加しようとも季節はやはり変わっていくのです。
そしてわたしのいのちも確実に死へと向かうのです。

せめて、何のために生まれて、何のために生きるのか?
その答えくらいは知るわたしでありたいと願うばかりです。

さて、26年前の今日、午前5時46分に神戸淡路大震災が起こり6000人以上の尊い命が奪われました。
あれから26年経つ中に世界中では大地震が度々起こりました。
東日本大地震も午後2時46分に。
不思議とどちらも【46分】。

同時に神戸淡路大震災は1月17日、東日本大地震は3月11日に。
【1】が並びます。偶然でしょうか⁉️

米国🇺🇸同時多発テロも11が重なります。そしてまた46が。
何かにより私たちの気づかない何かが知らしめようとしているのか。
いつも考えさせられます。

この世には当たり前など無い!
そう言いますから、やはり何かあると思えば良いのでしょうか。
そんなことを思いながら、あの26年前の自分の生き方を思い返している。
皆さまもそれぞれ考えてみていただきたいと願うばかりです。

何のために生まれたのか⁉️

何のために生きているのか⁉️

そして死んだらどうなるわたしなのかを❣️

いずれ必ず終わるこの人生。他人事ではないよ。
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031