住職のブログ

あるがまま

2020/05/25 10:00
おはようございます。
人の動きが再加速してきたようです。心配です。
だって、皆さん自分の姿が全く見えていないのですから。
どれほどこの感染症が恐ろしいのかがまだわかっていない。
そして何よりも自分は大丈夫。周りだけが緩んでいるなどと言う。
いやいや、外出すると言うことはもう感染しているのに自身の認識がないまま
飛沫として撒き散らしているかもしれない危険性を孕んでいること。
しばらくは良いのかもしれませんが今年の後半にまた大流行するかもしれません。
どうしてか?今すでに南半球のブラジルでは大感染していますよね。季節は日本の逆。
つまりインフルエンザが流行ってくる頃に第二波がやってくるかもしれないのです。

災害も忘れた頃にやってくる!!

人間の悲しさって<忘却>だから。

これからは感染前には戻れないってことを忘れずに生活していく必要がある気がする。
少なくとも持病を持つ僕は出来る限りコロナウイルスに感染しないようにしなくては
命取りとなりますね。油断せずにそれでもなったならそれはそれで受け入れていけるでしょう。

さて、これからのプロレス界を背負って立つ若き女性レスラーがネット中傷で命を絶って衝撃が走りました。
気軽に自分の勝手な言い分をコメントでぶつけて無責任に立ち振る舞う様は日本人もメット社会に大きな影を落としています。
お隣、韓国ではもうどれほど多くの有名人が誹謗中傷で自ら命を絶っているか。
確かに厳しいコメントも必要がとかはあると思いますが、相手を思いやる気持ちがあまりになさ過ぎるように感じる。
もう自分は全部わかっていて時の権力者にでもなった気になっているようなコメントを多く見かけます。

見てきたような、聞いてきたような、バックヤードも全部知っているような気になってバーチャルな世界を本当にように
受け止めて自身の未熟な思いで相手をバサッと切り捨てる。実に愚かです。
だっていいですか?これを自分に向けられたらあなたは受け止めて受け入れるのですか?
無理でしょう?怖くないですか?ましてや22歳の女の子が自身で処理などできるはずがないよ。
いくら台本がないドラマと言っても無いという台本はあるのだから。
実況中継しているわけじゃないんだもの。そしてテレビはスポンサーの意向には逆らえません。
好き勝手にはやれないんだよ。テレビ局も視聴率確保しないといけないからね。
そんな大人の事情もわからずに気軽にコメントしておいて事件になったらコメントを消すってどう言う了見だよ。
恥を知りなさい。

人間はみな裁判官。
他人は有罪、自分は無罪。

お恥ずかしいです。

改めて見ると、世間では皆このように生きています。
自分も宣言解除で街に出てきているのに、周りの人を見て「皆さん、気が緩んでいるように思えますね。」などと
インタビューに答えてる様こそが人間の悲しさ。

僕もこれでも遇う前は、お聞かせいただく前は、自分中心の判決を下して仲間を裁き、後輩を裁き、先輩を裁き、家族を裁き、世間を裁いて生きていました。それに気づいたのは真実なる法の働きに出遇わせていただけたからです。
加害者も被害者も自身の気づきがないだけでもう光に中にあるのですよ。

早く、早く気づかせていただかなきゃ。

死んだだけでは楽にも幸せにも決してなれないよ。
気づかせていただくことができたからこそ、しあわせになれるのですから。

僕のすること、やるべきこと、それは身をかけてそれをお伝えしていくことと認識しています。
思いが空回りするわきの甘い僕だけど。
それが十方のいのちにはたらかれている仏さまの願いですから。

彼女の死が無駄にならないよう、相手を思いられるそんなコメントが主流になっていくことを願っています。
喜劇王、志村けんさんの死によってコロナウイルス感染の恐怖を知り一生懸命生活を改めて生きてきたのだから。
きっとできるはず。
魔法の言葉ですね。

色々教えてくださいます。
命って大切なんだから。

僕は辛くても、僕は最後まで「あるがまま」生きていきますよ。
皆さんもまずは自分からそうしてもませんか?
まだ間に合うよ?
 

心配するな、なんとかなる。

2020/05/17 22:35
とんちの一休さんの遺言。
室町時代を生きた彼はどのような世界観を持っていたのか。
あの蓮如上人とも親友だったみたい。

僕はすぐびびってしまう。自分で決断したことをすぐ後悔する
愚か者だ。

一休さんはこうも言う。
「人は何を成し遂げたかが重要!」

しかしながら、僕は全然ダメだよ。
くだらないことばかり見て人を判断して裁いて生きている。

日本はやれコロナが憎いとか、安倍首相がダメだとか、外にばかり
気持ちを向け自身を省みない。
あれだけ騒いでもすぐ元通りを求める。「今」を見ない。

僧俗ともに、組織の中で出世することばかりにあくせくしてきたが、
一人の個人が「何を成し遂げたか」が重要となる社会への転換が求められている。
「何かに縛られ過ぎないこと」
例えば、それって必要なの?本当にこれって大事なの?
もう必要ないんじゃないの?いや、もっとこうしたらいいよ。

今こそ、真っ直ぐに生きねばならない気がする。
ギャンブルにうつつを抜かすために人間に生まれた訳じゃない。
阿弥陀さまに遇うため、阿弥陀さまに私を寄せて生きていくこと。

それだけのために生きている。それを忘れてはならない。
つい現実の中に振り回されて見失っている。
「お前には今がちょうど良い」のだ。
それを忘れてはならないのに。私に寄せてしまうから苦しくなってしまう。
意味なく必要以上に悩む。意味があるからそうなったんだのに。

魂からあふれるような言葉を本気で語らねばならない。
最後まで情熱を失ってはならない。

もっと本気で生きること。
まだなぜコロナに感染せずに生きれているのか。
たまたまではない。必ず意味があるはず。
今はその答えがわからなくても。

一休さんの言葉が僕に問いかける。

心配するな、なんとかなる。

心配するな、なんとかなる。

皆んなも困った時、苦しい時、思い通りにいかない時、
ぜひ思い出してほしい。

心配するな、なんとかなる。

偉い人が偉いのは、それだけのことを成し遂げたからであります。
私たちが違うのは何を大事にして生きたかなのですね。

一休さんはこんなことも言っていますよ。
「袈裟が有難く見えるのは在家の他力本願」
お前が尊敬されているのは坊主の格好をしているからだ。
お前自身の力ではない。

お恥ずかしいですわ。

もう一度聞かせてもらおう。
地位や名誉、お金、役職、、、。色んな色眼鏡がそこらじゅうに転がっている。

しかしながら人が見るべきは、何を成し遂げたか。何を頑張ったか。
何を考えているのか、どう生きているのか。
その上で、

心配するな、なんとかなる。

まだ僕さ何も成し遂げてはいない。
まだやらねばなるまいか。
許される限りは。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
※画像をクリックすると拡大表示されます

無難な人生などありません

2020/05/04 18:39
皆さん、今日新たに緊急事態宣言が延長されましたね。
連休明けまでと頑張ってきたとは思いますが感染者が減らないのですから
仕方ありません。本当に辛いですよね。私もこのひと月仕事がありません。
収入ゼロがこの先も続けば活動継続していくことができなくなります。

都市開教は厳しい、難しいとずっと否定されてきました。
でもやりたかった。お寺が無くなる今こそ、教えに遇われていない方がまだまだたくさん
おられる以上、伝えていく必要があります。
苦難の人生を乗り越えて真の救いがあり、どんな命であっても隔てなく願われてある
阿弥陀如来の他力本願をいただいて欲しいと思うのです。

私たちは日々、幸せを求めていきて無難な人生を願っています。
しかしながら無難な人生などあるのでしょうか?
つい半年前、神社仏閣へ初詣に行ってお願いしてきたことは
叶えられたのでしょうか?
嫌なもの。苦難、困難、災難、、、。無難

今回の新型コロナウィルスにより真っ只中にあります。
まさに無難な人生などないことの証明です。

ではどうすればいいか?
幸せと辛い、たった一本欠けただけで意味が真反対になりますね。

無難の反対は?有難!
有り難し。
有難うということですね。

皆さん、日々の生活の中で1日何回、有難うと声にしていますか?
一人では生きれません。多くの方々に支えられてこそ生きていけるのですよ。
不要不急の外出をしない!
これは無難ばかりで有難、有難うを知らない人には通用しない。

私は毎日、豆柴と散歩に出かけお会いする方に挨拶をしますが犬には声をかけてくださるが
私には目も合わせてくれない方がおられます。
縁があればこそご近所に住むお互いだというのに。
このような生き方が今の感染拡大となっている気がします。
私が感染しない、させないように努力しなければ早期の鎮静化には
ならない気がします。
ストレスがたまろうと自分の都合が社会の感染拡大になるかもしれない
想像ができる、そんな行動をしていくことこそ今すべきだと思う。
難が有る私の人生だからこそ、有難うと声にできる私になることから
きっと幸せとなると私は考えます。
南無阿弥陀仏
2020年5月
« 4月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031