住職のブログ

有難きしあわせ

2020/03/29 12:02
おはようございます。
おかげさまにて53歳の生誕日を迎えさせていただきました。
思えば27歳でストレスから体調を崩し主治医から43歳で死ぬ!と余命宣告を受け
色々あった中ここまで生きてこれました。何とも有難いことです。
沢山の人とのお出逢いをいただき嬉しいことも悲しいことも苦しいことも今となれば
懐かしいことですね。

いつも阿弥陀さまの手の中でありました。
自分でやってきたのですが自分の力に頼ると失敗ばかり。
それでも見捨てずにいつも寄り添っていてくださったはたらきがここまで僕を進めてくれたのですね。

ずっと両親の庇護のもと生きてきました。
あれほど嫌だったことがこれほど頼もしかったことかと今更ながら痛感しています。
自分で考えやってきたこと、失敗ばかり。
父の凄さを痛感しています。
それでも前を向いていきますよ!
チャレンジさせてくれた両親の思いに応えるためにも。

「有難う」
反対語は「当たり前」

この世に当たり前などありはしない。全て必然であり支えなくしては生きてはいけない。
それを知って生きていくのか、知らずに生きていくのか、大きく人生は変わってしまいます。

以前、某ご法事へ参った際に参列されていた方からこのようなことを言われました。
「ご住職、私は介護の仕事をしていますが、他人の世話をする中でどんな人が大切にされるか
ご存知でしょうか?」
僕は些細な事も笑顔でありがとうと言える人ですか?と言いました。
すると「さすがは仏に仕えるご住職さんですね。その通りで些細な事にも有難う!と声にすることが
出来る人が周りから大切にされるのです。
」と言われました。
日本の方、特に男性はシャイなのでしょうかあまりお礼を言われる人はおられません。
また、経営に携わったり部下を持っていたような方はお礼を言う習慣がなかったからでしょうか、
お礼を口にされない方が多いように感じます。でも人間は一人では生きれないのです。

皆さんは日頃から些細な事でもお礼を言われていますか?
当たり前はないのだから。今日であったのはよほどのご縁があればこそのお出逢いですよ。
知らんぷりして通るより笑顔で挨拶して通った方が人生は豊かになりますよ。
だって相手から知らんぷりされ嫌な怖い顔をされたら嫌じゃないでしょうか。
だったら自分から笑顔で微笑んでみませんか?きっと世の中が明るく幸せになると思いますよ。

さて今後、一体どれほどの人生、時間が残されているかはわからないけど少しでも悔いの残らないよう
精進していきたいです。
阿弥陀さまとまだお遇いされていない方にお伝えしていただいてほしいから。
コロナウイルスも怖いけど今までも人間は乗り越えてきました。
きっと乗り越えるでしょう。
でも、六道の迷いの世界を乗り越える術はいかがでしょうか。
その術は阿弥陀さまの法に依る外はありません。
知らずに生きては勿体ないですよ。

それをお伝えする使命が僕の残りの人生の役目ですから。
この世に僕を産み育ててくれた両親へ感謝しつつ今を生きてまいります。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031