住職のブログ

ヘビースモーカーからの解放

2019/07/16 18:24
皆様こんにちは。日々「老い・病・死」の不安を抱えているお互いですがリスクは少しでも減らしたいと思う方もいらっしゃると思います。そんな方に是非とも読んでいただきたいと思います。
さて、僕は20年間喫煙して毎日を過ごしていました。それもかなりのヘビースモーカーとして。
僧侶ですから日々読経するのですが「痰が絡む」弊害と戦ってきました。
そのため、のど飴、フィニッシュコーワ、龍角散は必需品。それでも風邪をひく、食べ物がおいしく感じない。
食後の一服は欠かせません。これがたまらなく美味い!また朝の起きがけの一服もたまらないのである。
こんなことを繰り返しますから当然出費もかさみます。一日3箱くらいは吸っていました。
手元にはライターが山ほど。趣味でジッポーは100程ありましたね。
とにかくお金が湯水のように無くなります。それでもどうしても辞められない。
そんなあるとき、雑誌の裏広告で見かけた「ヘビースモーカーほど簡単に辞められる禁煙パイプ」の文字。
多くの芸能人の姿が載っていました。キットは約12000円ほど。
キャバクラ二回分(笑)
ニコレットでリバウンドしたくらい意志の弱い僕です。
まあ、これをやって辞めれなかったら一生喫煙しようか(笑)などと軽い気持ちで購入。
システムは、ナンバー1~31まであるパイプを必ず使っていつも通り喫煙するだけ。
禁煙パイプさえつけていれば何十本吸ってもOK!なのです。
これを毎日次の番号に変えて、またいつも通り吸う。ルールとしてはパイプ無しでは吸ってはならない。
パイプがニコチン、タールで汚れたらティッシュでふき取り、改めてパイプをつけて吸うのです。
これを1か月続けるだけなのです。これだけでどうして辞めれるかと言えばこういうシステムです。
1本のパイプにつき3%ずつ、<31段階でニコチン摂取量を低減>させてもちろんタールも。
脳内では3%のわずかな差に違和感を感じないまま(脳が勘違いする)31番目の禁煙パイプではニコチン摂取量は最大93%も減っているのです。だから自然と依存から解放されるのですよ。
それでも無理だった方は21蕃のパイプに戻り31蕃までを繰り返し使って行けば解放されます!
僕はこれで本当に31日で卒煙しましいた。後日友人を誘って夜のクラブ活動をしてみましたが、ただ煙たいだけで
吸いたくなる欲求は皆無でした。あれから15年、一度も吸っていません。煙たいだけなのでもう吸う必要もありません。今は31番パイプは記念に持っています。こんなに簡単ならもっと早く辞めたら良かったとさえ思いますよ。
辞めて一度、僕が20年間吸ったたばこを計算したら約450万円!これほど大金を煙として捨ててきたのです。
そりゃあお金持ちになるはずはありませんよね(笑)これにライターやのど飴等の金額を加えたら500万円以上にはなっているのでしょうからね(泣)その上、いつも病気のリスクを抱えてですから。
ある人からは「この世で煙を吸って生きているのは人間だけ!」と言われたことがあります。
もう解放されて家族から、ペットからも嫌がられ嫌われることも無くなったのですよ。しあわせ!
消費全の増税に文句を言う前に喫煙を辞めたらもっと生活も楽になるのですよ。
電子タバコを吸ってまでも辞めないのは僕には理解できないよ。病気のリスクを増大させてまでもなんですから。
可愛い子供や家族を悲しませないためにも、またたった一度の人生をより長く快適に過ごすためにも「離煙」をお勧めします。僕は解放されました。イライラも少なくなりました。笑顔が増えました。
ちなみに50代の二人に一人は「がん」になっている現実も看過できません。
明日は自分かも知れませんからね(笑)
僕はリスクを減らせた。でも縁あれば「がん」にはなるのでしょう。
今を生きることを大事にしていこうと思います。
ご相談があればお尋ねください。

私、ひとりのために

2019/07/12 00:06
二年前のある新聞に次のような寄稿がありました。
「誕生日、生まれた日こそ『母の日』と、ふるさとに電話。母の声を聞く」(小牧市S・H氏)
誕生日は母の恩を思い、母に感謝する日であるということを伝えるこの句に深くうなずきました。
さて皆さん、3月29日は何の日かご存知ですか?
知りませんよね?それもそのはず私の誕生日なのです。
49年前のこの日、私はこの世にご縁をいただいたのです。
その大切な記念日なのです。
どんな思いで母は私を産んでくれたのであろうか。
自分の誕生日を迎える度に考えるのです。
以前、縁あって結婚をする際に、私が産まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみを作ったことがありました。体重を調べるために生まれて初めて母子手帳を見せてもらった時、そこには体重だけではなく陣痛が始まってから出産までの時間も書いてありました。
何と、私が産まれるまでに一日以上の時間がかかっていたのです。
それを知った私は、「お母さん、大変だったね、辛かったね。」と言うと、母はにこりと笑って、
「お兄ちゃん、何を言ってるの。お母さん、とっても嬉しかったのよ。」と言ってくれたのです。
母がそのように思ってくれていたことを知った私は、思わず号泣してしまいました。
そして今、その私の姿を笑顔で見ていた母を思いだしています。
思えば私に、「なんまんだぶつ」を教えてくれたのは母でした。
感謝ができない素直でない私に母は、「お念仏申してね」と言い続けてくれたのです。
母の姿を思い起こす時、その母の心を知らずにいた私に気づかされました。
阿弥陀さまのお慈悲は、人々の苦悩や痛みに共感しながら、人々の真実のしあわせを、
わがこととして願い求めてくださるお心を言います。
自分と他人をわけへだてることのない智慧に基づいて常におはたらきくださいます。
煩悩にまみれながら真実に背を向けて生きようとする私を、かけがえのない存在として
見ていてくださるのですね。
一対ではなく一体のはたらきが阿弥陀さまなのでしょう。
どんなにはねつけようが、背を向けようが、私一人のしあわせのために、はたらいてくださる
親のお姿。我が子を抱いて捨てることのない親のはたらき。
ですから、昔から阿弥陀さまのことを「親さま」と申しあげてきたのですね。
母が私に注いでくれた愛情を通して、阿弥陀さまのお心を味わわせていただきました。
  2016・3月/築地本願寺新報「法味春秋」より
  首都圏都市開教専従員候補者 末田 雅裕
 
※画像をクリックすると拡大表示されます

あんた自分を信じとるやろ?せやから仏さまを信じられんのや。

2019/07/10 20:56
先日は、築地本願寺いるま布教所開所記念公開講座「死から生 いのちを見つめる」(講師・山本成樹氏)へご参加くださり大変有難うございました。改めて衷心より御礼申しあげます。
我が超法寺では、極力、偏見で語らずお念仏に生きぬかれた宗祖親鸞聖人のみ教えを大切にして、「今」を阿弥陀如来と二人三脚で生き抜く道を共に語らいながら、優しく笑顔になれるお寺を目指しております。私は阿弥陀さま、柴犬、埼玉西武ライオンズ、TANEBI(杉山勝彦)に愛情を注ぎながら、我が街、入間市に根を張る日暮らしに努めております。最近何気なくネット検索をしていますと「入間の借家で犬と暮らしてる」というまさに私のためのような歌を発見しました。
嘘みたいな本当のことで、「おお たけしたち」というアーティストが歌っています。
また新たな発見に心を躍らせております。

さて、タイトルの言葉ですが真宗大谷派の宗務総長を務められた訓覇信雄師のお言葉です。
「現代聖典」(第三版六項)に、
『わたくしたちが、この現代の社会のなかに一人の人間として生きてゆくうえで、仏教はなにを教えるのか、どこで仏教は現代の問題とむすびつくのか、それが、家族のしあわせをねがい、日夜、
生活のために努力していられる方々の率直な疑問であろうかと思います。
しかし、その疑問にお答えするには、人間のつたない言葉を幾万言つらねますよりも、端的に、
念仏の教えを説きひらかれた経典そのものをお読みいただくことが第一なのであります。』
という文章です。
この訓覇信雄という方は、真宗大谷派では色々な物議を醸しだした方でもありますので全てを肯定しようとは思いませんが、一番あてにならない人間=欲に生きる=凡夫、その中に埋没していては真実なものには出遇えない。凡夫が仏になる不可思議は、お念仏を真受けして生きていくことでしかありませんからね。
人間はいつも自分は正しく他人は間違っている。
これが争いのもとです。
仏さまの眼から見ればどっちも間違っているのです。
仏さま=阿弥陀さまを仰いで生きていくことこそ令和の今、私たちが急いで身に着けるべきことじゃないかと思うのです。
ご一緒に改めて自己とは何?
見つめなおしてみませんか。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
※画像をクリックすると拡大表示されます
2019年7月
    8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031