住職あいさつ

悲しみを越える道それは南無阿弥陀仏
(阿弥陀さまと二人連れの人生を歩もう!)

皆さまようこそ。

「超法寺」は、築地本願寺の首都圏都市開教の50番目の拠点で平成29年5月に埼玉組(埼玉県内の浄土真宗本願寺派寺院の集まり)から承認され、10月2日に築地本願寺安永宗務長ご臨席の下、埼玉県内浄土真宗本願寺寺院の役員さまご出席で法要が勤まりました。

入間市約15万人都市に初めて本願寺派の拠点が出来ました。
あらゆるいのちを我が救いの正面にして慈悲の心を持ちながら「南無阿弥陀仏」と願いをかけ続けてくださるお心を一人でも多くの方にお伝えするべく日々活動しています。

私は東京都墨田区に生まれ築地本願寺、杉並区和田堀廟所には小学一年(2学期)まで、小学3年途中に父の都市開教任用に伴い千葉市へ。中学校(加曽利中学)卒業後、京都私立平安高校(現龍谷大平安)へ。

家族と離れ下宿生活を送りながら昼は仏教コースで学び夜のクラブ活動にもいそしみ、卒業後は花園大学文学部仏教学専攻で「鈴木大拙における禅と念仏の心理的見解」を学び、益永宗興老師や宝積玄承老師より四年間自力の道を学びました。
その中で山田無文老師の著書『中道をゆく』に出会いました。

親の期待に背き禅宗の大学へ進学するというこの四年間が今の私の原動力にもなっています。
ちなみに修行は全く成し遂げられませんでした。

善いことも遥かに多い自我の悪行に比べたらないようなもので地獄(自業苦)へ一直線の生き方です。

実践にて自力は悟りの道で非ず。

◉入間市での活動は仏さまの夢告であります。拠点が決まらず悩んでいたある日の夜、夢に仏さまが
姿を現して《お前は【入】の字が入った都市でやりなさい!》
この夢告が私をこの入間市へ導いてくださいました。
浄土真宗は夢告をとても大切にするお宗派であります。

『おほいなるもののちからにひかれゆく わがあしあとのおぼつかなしや』
九条武子さまの歌が私に大きな力をくださいました。


亡き祖母(千代子)がなぜ私に九条武子さまの本をくだされたのは、これを
知らせるためだったかと喜んでいます。

私は、どなたから「別に入間市じゃなくてもいいじゃないか」と言われても
「あんな田舎に追いやられて」などと言われても、きっとここでやらせていただく
意味があると思っています。今や私はこの入間市が大好きです。
仏さまのお言葉を真受けしていますよ。宗祖がそうされましたように。

人生色々でありますが、阿弥陀様のおはたらきに導かれていたような気がします。

一度きりの人生です。

現実は
心が折れそうになる事態ばかりですがその度に出逢う方に支えられ助けられようやく一年乗り切れました。

まだまだ厳しいですが、この歳になってこれほど人の優しさ、法務をいただけることの嬉しさを感じ大切にしていることを感じたことがあったかと喜びを感じることが一番のしあわせであります。

自身で今までお育てをいただいた方々への感謝と恩返しを生涯をかけていきたいです。

超世希有の正法(南無阿弥陀仏)を人々に伝え、阿弥陀さまを仰いで生きていくことこそ私が実践していくことだと確信し、ここ入間市でお念仏と笑顔と優しい言葉で生きていきます。

「祈る必要のない宗教」、「願いをかけられている私に気づいていく他力本願の道」をご一緒に聞かせていただきながら、不安の中を力強く歩んでいきたいと願って止みません。浄土真宗のみ教えを仰ぐと居場所が無くなることはあり得ませんよ。
どうぞお気軽にご依頼くださいませ。

少しでも、皆さまの悲しみ、苦しみに寄り添えるよう日々努力を重ねていきます。


皆さまとお遇いできることを楽しみにしております。

 

南無阿弥陀仏